豊胸手術をしてよかったです

私は、以前からバストの大きさに悩んでいました。
中学時代や高校時代にはもっと大きくなると思っていたのですが、二十歳を過ぎても私のバストは、Cカップ以上に大きくなることはありませんでした。
私は、特に夜のお仕事としてガールズバーで働いているので、できるならもっと魅力的になって多くのお客さんから人気になりたいと思っていました。
また学校でも、わたしよりも大きなバストを持っている人に対して無駄にコンプレックスを持ってしまったりしていましたので、そのコンプレックス解消もしたいと思っていました。
バストを大きくしたいと思い、色々な口コミ情報を調べてみました。
私は、見た目だけでなく触られたときに相手に違和感を与えないようにしたいと思ったので、自分の脂肪細胞を除去しそれをバストを移植するという方法を選びました。
これならば、自分の細胞なので、拒否反応も少なく比較的安定するとの事なので選びました。
私の世代ですと、美容整形に抵抗はなくすんなりできるので、まったく悩みはありませんでした。
学校の夏休み期間中にやったので、手術後の安静にしていなくてはならない時期も、問題なく過ごすことができました。
今では、魅力的なバストになり多くの人を魅了しています。