再発する可能性の高い性病の性器ヘルペス

性器ヘルペスは、とても再発しやすい症状の性病です。
性器ヘルペスの症状が出た後に薬によって治療をしても、単に薬によって症状を押さえ込んだだけにすぎず、疲労やストレス、他の病気にかかった時などに、免疫力が落ちてしまうとウイルスが再活性化し再発してしまいます。
男性の場合には、亀頭や男性器、さらにはお尻や太ももの辺りに水ぶくれや潰瘍といった症状が再び現れます。
初感染の時と違うのは、発熱やリンパ節の腫れなどが起こりにくく、軽い症状でおさまると言う事です。

女性の方の場合には、疲労やストレス、月経や性交などによって免疫力が落ちたタイミングで再発するケースがほとんどです。
症状のあらわれる部位は大陰唇や小陰唇、膣口やお尻、太ももに小さな水ぶくれや潰瘍のような症状があらわれます。
男性と同じで、初めて性器ヘルペスに感染した時と比べると軽い症状でおさまりますので治療期間も短縮されます。

再発には予兆がある場合もあり、外陰部に違和感やかゆみを感じたり、足がしびれるような痛みを感じて気がつくこともあります。
性器ヘルペスのような性病は病気によって症状が異なります。
性病について詳しく知りたい方、自分が性器ヘルペスの疑いがあると気になった方は、自宅で楽々検査が可能な性病検査キットを利用してみましょう。

クリックして別ページへ