BYODをセキュリティ万全な状態で導入しよう

自分が普段から使い慣れているものというのは、知らず知らずのうちに一番使いやすい形にカスタマイズされているものです。
たとえばパソコンのキーボードでもキーを押しやすかったり、変換する時も使用する頻度の多い単語のほうが先に出てきますよね。
使い慣れているものほど勝手が分かる。
だからストレスがたまらずに、作業がはかどる。
これは当たり前の事だと思います。
なので企業の中にも、わざわざ会社から携帯端末を支給せず、企業のデータに社員それぞれが私物で使っている端末からアクセスして作業ができるようにしているところもあるんです。
それをBYODといい、使い勝手のいい私物で仕事をする事によって作業効率を上げようという発想なのです。
そこで心配になってくるのが外部への情報漏えいですが、「i-FILTER ブラウザー&クラウド」というサービスを使用する事できちんと予防する事が可能です。
セキュリティが万全な状態でBYODを導入すれば、社員一人一人の作業能力も上がる上に、情報漏えいの心配もしなくていいのですから、企業としても嬉しいですよね。