月経前症候群をやわらげるためには

女性には生理前の症状が著しく現れる人と、全く現れない人で分かれます。
生理前に身体的症状や、精神的症状が現れることを月経前症候群、通称PMSといいます。
これらは、排卵時に女性ホルモンのバランスが崩れるため、胸が張って痛かったり、頭痛や吐き気がしたり、食欲が減退したり過食になったりします。
また、普段とは違ってイライラしたり、情緒不安定になったりと精神的な症状も多いのです。
これらの症状は人によって様々です。
酷すぎて、仕事にも行けなくなる人もいれば、全く感じないと言う人もいます。
どうすれば、PMSの症状が和らぐのでしょうか。
先ず一番よい解消術は、生活習慣の見直しです。
夜更しや偏った食事は、ホルモンバランスが崩れてしまう原因なので、規則正しい時間に起き、早めに就寝しましょう。
特に野菜や大豆製品や玄米など身体に良いものを食べるのがオススメです。
逆にアルコールやカフェインや糖分は悪化するので控えましょう。
そして、それでも気になるようでしたら病院へ行きましょう。
婦人科や女性クリニックなどで、PMSを和らげてくれるピルや漢方薬があります。
どちらを使用するかは、医師と相談し自分に合った方を選ぶと良いです。
月経前症候群は、最近認知されるようになってきましたが、まだまだ理解されていない部分があります。
自分の身体と上手くお付き合いし、女性としての魅力をさらに高めていきましょう。