簡単に弔電が送れます

先日、知人に不幸があったのですが、弔電をうつことにしました。
今まではNTTに電話をかけて、弔電をうっていました。
でも、電話で文面を説明したりするのがけっこう大変に感じたり、担当の人から、弔電の種類はどうしますかと尋ねられても、どういうス類があるのかよく分からず困った経験があったので、今回はインターネットのオンラインを利用して弔電を送ることにしたのです。
これがやってみると、とても簡単で、便利であることがよくわかりました。
まず文面も落ち着いてゆっくり書けますし、初めからいくつかのテンプレートもあるので、そういうのも利用することができました。
また、弔電の種類に関しても、写真でどういう種類があるかはっきりわかり、値段もわかったので、予算に合わせてベストなものを選ぶことができました。
弔電やお悔やみ電報のご案内|電報.NET