歯周病症状は進行すると歯が無くなる。

歯周病とはどんな症状なんでしょうか?歯磨きのCMでもよく耳にする言葉ですが、よく分からない方もいるかもしれません。
ただし、この分からないと言う方は要注意です。
なぜなら、CM等で取り上げられるということはすなわちすごく有名の病気であると認識していただきたいのです。
この歯周病は歯茎の病気で、歯と歯茎の隙間に歯垢がたまり、そこから細菌が発生し発病します。
発病してしまうと病気に対し処置を施さないと、最終的な病状として歯が抜け落ちてしまい無くなってしまうという悲惨な状況になってしまいます。
こうした、状況を打破するために、日々の歯磨きはとても重要です。
歯と歯茎の隙間に歯ブラシの先を入れてブラッシングすることを意識しながら磨くことで、発病リスクを下げることができるのです。
歯磨きをめんどくさいと思わず継続していくことこそ、歯を守る第一歩だと思います。